顔の脱毛は痛い?

顔の脱毛は痛いとよくいいますが、これは本当です。

顔の肌はデリケートなので、ある程度、仕方ありません。

特にレーザー脱毛はかなり痛みがあります。

顔の脱毛の痛みは、脱毛機やレーザーの種類、個人差などで変わってきますが、他の部位と比べて顔は痛いのが普通です。

痛くて毎回脂汗をかきながら施術を受ける人もいるぐらいです。

エステのフラッシュ脱毛なら痛みが少ないので、我慢できないほどではありません。

顔の場合、皮膚が薄いので、どうしても痛みを強く感じます。

顔の脱毛は痛いので、痛みが気になるならフラッシュ脱毛を選ぶことです。

レーザーより痛みが少なく、肌への負担も小さいです。

ただ、その分効果は低いです。

顔の脱毛は痛いのが普通なのですが、最近、痛みや肌への負担がほぼない、ハイパースキン脱毛が登場しています。

ディオーネのハイパースキン脱毛法は、毛を焼くと言う方法ではなく、毛周期の中の自然に毛が抜けた後の次の周期で生えようとするための毛の種を利用します。

発毛を抑える特殊な光を当てることで、毛の細胞分裂をストップさせるのです。

ハイパースキン脱毛は痛みがなく、約20分で完了します。